上物率90%!レベルの高い結果となった一支國枝肉共励会
 投稿日時: 2017-05-16 (50 ヒット)

金賞を受賞した山本部会長

 肥育部会(山本満年部会長)は4月17日、福岡県福岡市の福岡食肉市場で一支國枝肉共励会を開催しました。同共励会は壱岐牛に給餌される統一した配合飼料である一支國配合飼料の成分結果の検証を目的に開催。去勢14頭、雌8頭の合計22頭が出品され、部会長でもある郷ノ浦町の山本満年さんの出品牛が金賞を獲得しました。

 

 金賞受賞牛は、父が『百合茂』、母の父が『安福久』、母の祖父が『金幸』の去勢で、枝肉重量523.2㌔、ロース芯面積74㎠、バラ厚7.9㎝、皮下脂肪2.1㎝、枝肉歩留75.8%、肉質を表すBMSは12と最も優れた成績で、最高ランクのA-5に格付けされました。また、枝肉単価は3,301円の高値で取引されました。

 出品牛全体については、平均枝肉単価で2,636円、4等級以上の上物率は90%のレベルの高い共励会となりました。

 金賞を受賞した山本部会長は「これからも上物率の向上を目指し、壱岐牛の良さ(美味しさ、安全、安心)をアピールし『壱岐牛』の名声を高めていきたい。」と話しました。

 

一支國枝肉共励会

金賞:山本満年

銀賞:下條弘樹

銅賞:(株)梅嶋畜産