米どころ壱岐の米


    壱岐は温暖な気候と豊富な地下水により基幹作物である水稲の生産が盛んに行われています。長崎県内で2番目の平野面積を誇る深江田原を有し、もう一つの基幹作物である肉用牛との耕畜連携により計画的な生産が行われています。
    また、安心・安全なお米を消費者の方にお届けする為に、JA米の取り組みを早くから実践しています。(JA米とは(1)登録検査機関による農産物検査の実施(2)種子更新の実施(3)生産履歴の記帳が取組条件です)

    25年産米作付け品種はコシヒカリ・つや姫・にこまる・その他となっています。
*水稲生産面積の推移 

平成18年産 1,278ha
平成19年産 1,330ha
平成20年産 1,330ha


*米の集荷実績の推移

平成18年産 2,699t
平成19年産 3,030t
平成20年産 3,098t
◎ポイント1
    JA壱岐市直売所「アグリプラザ四季菜館」では壱岐産米(コシヒカリ・ヒノヒカリ・あさひの夢)を玄米で量り売り(精米渡し可)をしています。今摺米として人気です。

◎ポイント2

   インターネットでのお米の販売も実施しています。  

《定期購入ご希望の場合、業務用でのご注文の場合は別途ご相談下さい。お問合せはJA壱岐市営農センター(0920-45-3805)まで。》

 

◎ポイント3

    島内で続けられる掛け干しの様子です。天日と秋の風によってじわじわと乾燥させるとお米の旨みが損なわれません。刈り取りから約1週間程度掛干しにされたあと、収穫されます。天日干し米として取扱をしています。